2015年3月23日月曜日

決起集会開催!大門参議院議員も参加しました。



大門みきし参議院議員を迎え、県議・市議選勝利への「つどい」を行ないました。大門議員は衆参ともに共産党が躍進した国会での論戦や情勢について語り、「戦争する国づくり」憲法改悪、医療・介護・福祉の大改悪、原発、TPPの推進などをあげ「戦後もっとも危険な内閣に対案を示し、正面から対決できる政党は共産党しかありません」と強調し、「加賀屋ちづ子さんを必ず県議会へ、4人の市議も全員市議会へ押し上げてほしい、地方からも安倍政権を包囲し、退陣に追い込むために頑張りましょう」と呼びかけました。
 

他にも山内梅良前県議やさとう純子・佐藤広久・鈴木さとし市議、船川りょう子党街づくり対策室長(市議予定候補)らも、訴えました。私は、「国の悪政からくらしや、地域を守る先頭となって、全力をつくしてがんばります」と決意を述べました。

 

0 件のコメント:

コメントを投稿