2016年8月25日木曜日

ジョイナスも文化会館もなくなってしまう?!


県民会館を取り壊し、県と秋田市で建設を計画している、県・市連携文化施設について11日、県と秋田市と住民との間で意見交換会を行いました。参加者からは計画への疑問や注文、批判の声が続出しました

✅築35年、まだ使える市文化会館を取り壊し
県・市連携文化施設が完成されれば、取り壊しの予定になっている市の文化会館は、使い勝手がよく様々な団体の発表会や催しで使用される小ホールや大ホールは、土日は空きがなく、県民会館が使える今でさえ一年先まで、予約でいっぱいの状況。近年、舞台の照明設備の改修工事などにかけてきた3億円もの税金も無駄になってしまいます。


✅ジョイナスや文化会館会議室の代わりは?
予定されている県・市連携文化施設には、様々な団体・グループなど世代を超えて利用しているジョイナスのような研修室や音楽練習施設などはなくなります。解体予定の文化会館の大小の会議室や地下の展示室は、毎年多くの団体が利用していますが、これもなくなります。

✅億円の建設費で間に合うの?
建設予算は概算で億円。地下2階、地上3階の大型な施設の建設工事で、中央地下自動車専用道路や千秋公園のお堀など周辺環境への影響もあるだけに、工事費の増額が心配されています


✅駐車場がなくなってしまう?
市文化会館には、車215台分の無料駐車場がありますが、予定されている県・市連携文化施設地内には、搬入車専用と障がい者専用の駐車場しか予定されていません。


みなさんのご意見をお聞かせください。



加賀屋千鶴子
TEL 018-860-2086   県議会控室
FAX 018-860-2105   同上
jcp-akt@theia.ocn.ne.jp  党県委員会

秋田市議団
佐藤純子
鈴木知
TEL 018-888-5413      市議会団控室
FAX 018-866-0998      同上



2015年3月23日月曜日

決起集会開催!大門参議院議員も参加しました。



大門みきし参議院議員を迎え、県議・市議選勝利への「つどい」を行ないました。大門議員は衆参ともに共産党が躍進した国会での論戦や情勢について語り、「戦争する国づくり」憲法改悪、医療・介護・福祉の大改悪、原発、TPPの推進などをあげ「戦後もっとも危険な内閣に対案を示し、正面から対決できる政党は共産党しかありません」と強調し、「加賀屋ちづ子さんを必ず県議会へ、4人の市議も全員市議会へ押し上げてほしい、地方からも安倍政権を包囲し、退陣に追い込むために頑張りましょう」と呼びかけました。
 

他にも山内梅良前県議やさとう純子・佐藤広久・鈴木さとし市議、船川りょう子党街づくり対策室長(市議予定候補)らも、訴えました。私は、「国の悪政からくらしや、地域を守る先頭となって、全力をつくしてがんばります」と決意を述べました。

 

2015年3月12日木曜日

政治を腐敗させる政党助成金は廃止させましょう!


秋田駅前西口の大屋根下で「政党助成金の廃止」を求める宣伝・署名行動を党市議や後援会の方々と行ないました。寒風が強い中でしたが、元気に訴えました!
年金世代の女性の方が、「消費税は(増税を)やめるって(安倍首相は)言ってましたよね」と声をかけてきました。「止めるんでなく、延期なんです」と答えると、「それは困る。ところで政党助成金ってなんだ」と聞いてきました。中身を説明すると「そんなの止めて、くらしの方に回して欲しい」と話し署名をしてくれました。






*簡単解説

政党助成金は使い道自由で、年間320億円、この20年間で6311億円もの税金が各政党に山分けされています。
私たち日本共産党は、この制度に反対するとともに、一貫して受け取りを拒否し、総選挙で躍進した21議席で「政党助成法廃止法案」を衆議院に提出しています。 

2015年2月17日火曜日

 12日に山内梅良前県議と秋田県JA中央会を訪ね、木村一男会長と農協「改革」などについて懇談しました。
 木村会長は、「突然に全国中央会の監査の廃止などと言われ戸惑っている。監査の廃止が農家の所得引き上げにどう結び付くのか理解できない。先に監査廃止の結論があって、その結論を押し付けられた気がする」と話していました。
私達は「秋田は県立の一般病院がなく、厚生連病院は地域医療にかかせない」「JAのスタンドや店舗、金融は地域の命綱だ」と話をすると、木村会長は「全くその通りだ」と応えてくれました。
私達は、「TPP(環太平洋連帯協定)も大問題だと」話しをすると、木村会長は「酪農、豚・牛肉は大打撃だ。ミニマムアクセス米は今も過剰なのに、もう10万トンも買い取るなんて何を考えているんだ」と怒りました。
私達は、「日本共産党は農協法『改正』案の廃案をめざして、国会と地方議会で全力をあげます」と話し、農業と地域を守るために力を合わせようと話し合いました。


私達はJA新あきたも訪問し、船木耕太郎組合長と懇談しました。
船木組合長は安倍政権の農協「改革」について、「全国中央会の監査や指導をなくすことが農業所得の向上にどう結び付くのかわからない。どういう農業や農村をつくろうとしているのかが、全然見えない」と話しました。
私達は、「地域社会の助け合い、共同が農協の精神だ」と話すと、「その通りだ。ガソリンスタンドや店舗が赤字でも、他の利益で営業を継続しなければならない実情もある。一般の会計監査でもうけの出ない分野から撤退せよといわれても村が成り立たない」と応えました。
船木組合長は、「かつて、我々が主張していたこと(地域を守れ、農業を守れ)が政党では、共産党だけの主張になっている」と話し、山内さんや日本共産党の故中川利三郎衆議院議員の活躍にふれ、「小選挙区は政治家がトップの言いなりになり、ダメだ。中選挙区にもどすべきだ」と話しました。

私達は船木組合長とがっちり握手し、「がんばってください」激励されました。


2015年2月16日月曜日

各地で大・小の「つどい」を行っています!

テキスト ボックス: 5日北部地域での「つどい」で
テキスト ボックス: 5日北部地域での「つどい」で
5日には北部地域の方に集まっていただき「つどい」を開催。「農業を継げとは、言えない」、「介護保険はどうなるのか」という声が寄せられました。
7日には中央部地域で、8日には西部地域での「新春のつどい」が開催され、
県議選への決意表明をしました。




県議選への決意表明をしました。テキスト ボックス: 5日北部地域での「つどい」で


2015年2月15日日曜日

皆さんからのアンケートの声を、予算要望として届けました

昨年秋に実施し、たくさんの皆さんから寄せられた「市民アンケート」の切実な声を、党市議団として昨年11月26日に「予算要望書」にまとめ、市長に対して提出しました。

アベノミクス、消費税増税などで、大変なくらしの声がたくさん寄せられています。市民の暮らしやいのち、保育や教育の問題、雇用を守り、農林水産業をはじめとする地域経済の問題など、市民の立場で要望しました。